自覚をもって積極的な治療

ハート

精神疾患になるといろいろな障害が出てきますが、うつ病や心身症などの精神障害を改善していくためには、患者本人がうつや心身症であることを自覚することが大切です。精神疾患になると精神科やクリニックで治療を行なう人がいますが、抵抗を感じている人や自分が精神疾患になることはないと考えている人は治療を受けないことが多くあります。そういった人でも精神疾患になっているという自覚を持ってもらうことが大切です。そのために光トポグラフィー検査をすると脳内を観察でき、自分がうつや心身症などの精神疾患になっていることを自覚できるようになります。光トポグラフィーは、ストレスクリニックやメンタルヘルスクリニックなどでも行なわれている検査です。また、光トポグラフィー検査外来もあり、検査ができる専門クリニックもあります。この光トポグラフィーは、注射をしたり、放射線を照射したりなどの体への負担はありません。頭に装置を設置していくつかの課題を行なうことで簡単に検査を行なえます。
光トポグラフィー検査をすることのメリットとして、客観的なデータが見られるようになり、うつや心身症の病気であることを本人が認め、積極的に治療に専念するようになります。またうつ病や心身症の場合では、家族のサポートが必要になりますが、家族も精神疾患になっていることを把握することができ、病気に関して理解し、積極的なサポートを行なってもらえます。そういったメリットがあるので、多くのストレスクリニックで導入しています。

光トポグラフィーで症状が明確になると適切な治療に入ります。心身症の多くがストレスで起きる体の病気になるので、基本的な治療として体の治療と精神的な治療を行なっていきます。体の病気は、いろいろな種類があります。一般的には、身体的障害があれば、適切なクリニックや病院を利用します。しかし、心身症になると体だけでなく、心の病気もあります。そういったときにどこのクリニックを利用すればいいのかというと心療内科や心身症を取り扱っているクリニックが良いでしょう。これらのクリニックや心療内科では、一つの施設で全ての治療を行なえます。そのため、たらい回しに合うことなく治療に専念できます。
心身症は、体の症状と精神的な症状が出ます。そのため、二つの知識やスキルを持っていないといけません。最近では、そういった治療を行なえる人は少なく、体の治療する医師と心を治療する医師がわかれていることが多くあります。しかし、しっかりとクリニックを見つけることでどちらの治療も行なえるクリニックがあるので、探してみましょう。

TOP