心の病気は脳の病気

うつ伏せになる

最近では、うつ病や心身症などの精神的疾患になっている人が多くいますが、そういった症状を改善するときは、ストレスの軽減をすることが大切とされています。その他にもクリニックの中には、心の病気は、脳の病気とも考えていることもあります。そのため、脳内を検査し、その中で何らかの異常が見られるときには、適切な治療を行なうようになっています。治療の中には、臨書心理士によってカウンセリングを行なうことや適切な医師によって薬物治療等を行ってもらうケースが多くあります。治療を行なうときに脳内を改善できる機器を使うクリニックがあります。クリニックの中には、磁気刺激治療を行っているクリニックがあります。この治療では、脳内の機能を回復させることができるようになっており、うつ状態のような脳には、血流や代謝が低下していると言われているので、この磁気刺激治療を行なって改善していきます。
磁気刺激治療では、背外側前頭前野に刺激を送ります。刺激は神経細胞に流れて、さらに奥にある感情を司る扁桃体に刺激を与えられます。そうすると脳の活動を回復させる効果が期待され、心身症やうつ病などの症状を軽減できます。
この磁気刺激治療を行なうことで副作用などがなく安心して治療が行なわれます。一般的にうつ症状が見られるときには、抗うつ薬を利用しますが、抗うつ薬には、吐き気、口のかわき、消化器障害、頭痛、鼻血、手足の痙攣などの副作用が出てきます。そのため、最近のクリニックでは、磁気刺激治療を行なって治療が行なえるようになっています。
磁気刺激治療の治療はアメリカで行なわれていた治療法であり、うつ病患者やの心身症の患者を治療する目的があります。これを使うときには、1回の治療で37分食らいかかり、週に5回を4週間や6週間行なうことが大切になります。磁気刺激治療の治療を行っているときには、患者は、意識をしっかりもっており、会話もできます。患者は、治療用の椅子に座ってゆっくりと寛いで治療を行なうことができるので、とてもリラックスをして治療を受けられます。
これらの治療を行なうことでストレスを解消し、ストレスに対する耐性も作ることができるでしょう。また、精神疾患から身体疾患になる心身症を改善でき、普段の生活を送られるでしょう。

磁気刺激治療をうけるときには、クリニックが治療を行っているか確認しましょう。クリニックの中には、行っていない場合もあります。また、インターネットを利用して探すことも可能です。さらに、サイトから予約を行えたり、わからないことは相談したりといろいろなことが可能なので、一度確認してみましょう。

TOP