心身症と向き合う

PICUP

自覚をもって積極的な治療

ハート

精神疾患は心身症やうつ病などがあります。それらを治療する時には、病気になっている自覚があると適切な治療をすることができ、治療の効果が最大限に活かされます。検査をしっかりすると自覚が持てるようになります。

More...

NEWS

心の状態で見られる症状

不眠

最近では、心の病にかかる人が多くいます。心の病は、体に出てくるものではないので知らず知らずのうちにストレスが溜まっていき、いずれ、精神的な病気になってしまう場合もあります。ストレスが体の中にたまってしまうと、うつ病や心身症などの精神疾患になってしまうケースや慢性疲労、不眠などの体にもいろいろな症状が出てきます。疲れやストレスを溜めないように日頃から対策をとりましょう。

どんな病気であっても心身ともに影響が出てきます。精神疾患では、食欲や睡眠などの身体的な影響を避けることはできません。また、逆に身体的な疾患になってしまっても、いつ治るのかなどの不安要素があり、精神的に不安定になります。中でも身体的疾患がある場合には、人の性格や育った環境、発病や経過によって精神的に強い影響を与える可能性があります。
例としてあげると十二指腸潰瘍になるとストレスを感じて再発しやすい特徴があります。また、心筋梗塞であれば、競争心や成功への願望を強く持っている人やせっかちな性格の人がなりやすいと言われています。このように体の疾患だけど、診断や治療をするときに心のことも考えて治療を行なわないといけない状態を心身症と呼び、精神疾患と身体疾患の二つを持っている疾患です。

心身症になる原因として性格的なことが強い要因になるでしょう。ほとんどの人はストレスを感じると自律神経の動きに影響が出てきます。ストレスを感じる場合、一時的な部分もありますが、継続的に受けてしまうものもあります。そして、どちらの場合でも神経系の動きがあり、内分泌や循環器、消化器などに影響してきます。そのときには、上手くストレスを処理して障害が出ないように適応することができますが、心身症になっている場合、対応できずに身体疾患の症状が出てしまいます。

それらが出ないようにする処理の一つが感情の発散です。ですが、心身症になりやすい人は感情的なストレスの処理が上手くない場合が多くあり、身体疾患の症状が出るケースがあります。こういった人は失感情症(アレキシチミア)と呼ばれています。
さらに心身症になりやすい人の特徴として他の人が言ったことに合わせてしまう傾向が見られ、適応しすぎという傾向が多く見られます。これらの性格の人がストレスを強く感じる環境に長期的いることで心身症が発症すると言われています。

心身症では、分類に分けることができ、それぞれによって適切な治療が必要になってきます。心身症には、なんらかの病気が発見され、その原因や経過を調べていくと心理的なことが要因として挙げられるケースが多くあります。心身症として挙げられる病気として神経性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、蕁麻疹、気管支喘息、消化性潰瘍、摂食障害などがあります。これらの病気は、精神的にも肉体的にも症状が見られるので心身症ということになるでしょう。
またこれらの心身症を治療するためには、身体疾患と同時に心理的な部分を改善していくことが必要になります。治療をするときには、専門的なクリニックや病院などを利用することが必要になります。また、精神疾患と身体的疾患の知識やスキルを持っている医師がいるクリニックを探しましょう。

CONTENT

階段に座る

目的はストレスを軽減

心身症になっているときには、ストレスを開所するための行動が必要になります。そしてストレスを減らすことができると治療薬などで治療を行います。ストレスを軽減すると根本的な原因を取り除けるので改善できるでしょう。

うつ伏せになる

心の病気は脳の病気

心身症やうつ病になると脳内に異常があることがわかっています。そのため、脳内の機能を回復させる効果をもっている治療法があります。適切な治療を行なうことで普段の生活ができるでしょう。

TOP